JEX Gem Gallery
催しのご案内(Fair Information)
トップページ > 催しのご案内(Fair Information) > 第58回世界のピリオディック(年代物)・ジュエリーフェア

第58回世界のピリオディックジュエリーフェア

第58回世界のピリオディックジュエリーフェア

大阪駅前店:2017年1月20日(金)・22日(日)
東京銀座店:2017年1月23日(月)・24日(火)


Ptカシミールサファイヤ ダイヤモンドリング
1石のクッションカットS=7.43ct
(カシミール産 非加熱 /AGL&SSEF)
2石のクッションカットD=2.05ct(D-VS)
8ct近くの蠱惑的(こわくてき)な秘宝!清冽な空気感が伝わってくるような 聖なる煌めきです。この光彩が届くところだけ、聖なる異空間が広がっているよう。

Ptミステリーセッティング ルビーブローチ
ヴァンクリーフ&アーペル 1960年頃の作品
220石のレクタングルカットR=約35.00ct
29石のラウンドカットD=約1.65ct

ミステリーセッティングは、1930年代にラングロア氏がヴァンクリーフで開発しました。ツメ無しで宝石を石留めする画期的な技術です。石枠に合わせて一つ一つの宝石を研磨し、ガードルの下に一つ一つ細い溝を作って石枠にスライドさせて留めて行くので、果てしない時間と労力、そして熟練技を要します。厳選された宝石と、宮大工のような神業によって仕上げられた作品は圧巻の貫禄!VCAのスピリッツが込められた輝きのスペクタクルです!

Ptダイヤモンドブローチ
ハリーウィンストン 1960年頃の作品
18石のペアシェイプカットD=7.75ct
14石のマーキスカットD=6.75ct
19石のラウンドカットD=4.23ct

ハリー・ウィンストンが駆使した極小のツメで、 ダイヤモンドを最大限に輝かせた壮麗なクラスター。 燦然とした輝きが轟(とどろ)きます。

Ptダイヤモンドブローチ
ヴァンクリーフ&アーペル パリ
1960年頃の作品
225石のラウンドカットD=約20.00ct
73石のバゲットカットD=約5.00ct

濃雪をかぶったお花のモチーフ。凍てついた朝にも健気に咲き誇る姿に感動します。眩いばかりの透徹美。

Ptダイヤモンドリング
1960年頃の作品
1石のクッションカットD=5.24ct 
(ViVid Yellow-VVS2/GIA)
8石のテーパードバゲットカット
D=約0.90ct
濃厚なクロムイエローの輝きが底から湧き上がる傑出した大粒結晶。威容を誇る比類のない輝き。

Ptダイヤモンドブレスレット
ハリーウィンストン ニューヨーク 1960年頃の作品
29石のスクエアカットD=約8.00ct 174石のラウンドカットD=約18.00ct
所作と共に、さんざめく光のパルスが脈打ちます。フェアリーダストをまき散らしながら、神々しい輝きがほとばしる光のドミノに目を奪われます。

Ptアールデコ翡翠 ダイヤモンドネックレス
1920年頃の作品 74珠の翡翠ビーズ=8.6~11.1mm 非含浸
44石のヨーロピアンカットD=約3.65ct
アールデコのゴージャスなクラスプを配した格調高い逸品。大小の翡翠がネックラインに沿うように組まれています。瑞々しく艶やかな2連の萌黄色から、シノワズリー(東洋趣味)の香りが漂います。

K18翡翠 カラービーズネックレス
M,ブチェラッティ イタリア1965年頃の作品
41石翡翠ビーズ (ナチュラル・非含浸/GIA)
珊瑚の赤と翡翠の緑の補色の組み合わせ、精緻なシルク仕上げを施した手作りのクラスプ…。シンプルな連でありながら、ただならぬ高級感を醸し出しています。ブチェラッティの優れた色彩感覚、感性の鋭さが凝縮されています。

Ptアールデコ ダイヤモンド エメラルドネックレス
パリ 1930年頃の作品
20石のラウンドカットD=約4.90ct
212石のバゲットカットD=約26.00ct

清流のように美しく連続する、バケットカットダイヤの輝き。髪をアップにしたバックスタイルに、エメラルドのリボンが軽やかに揺れる、リッチな遊び心!アールデコの卓越したハイジュエリーに、この上ないラグジュアリーが貫かれています。

Pt天然真珠ダイヤモンドブレスレット
パリ 1910年頃の作品
6珠の天然P=10.00ct
ナチュラルソルトウォーターパール
(SEE French Report)
294石のラウンドカットD=約5.50ct
天然真珠が6珠も施された贅沢かつ繊細なエドワーディアン。天然真珠を同じ品質、大きさで揃えることは至難の業。高貴なクラス感漂うエレガントなブレスレットは、位の高い貴族の旧蔵品と思われます。

K14サファイヤ ダイヤモンド ルビーブローチ 
ニューヨーク 1959年頃の作品 16石のラウンドカットD=約1.70ct
15石のラウンドカットR=約1.40c 100石のスクエアカットS=約12.00ct
エキゾチックな魅力により、様式化されたパゴダ。パゴダは東南アジアの仏塔の意味。異文化の香りを残しつつ、洗練された遊び心を極めた作品。

K18サファイヤ ダイヤモンド エメラルドブローチ
1石のクッションカットS=約2.50ct
70石のラウンドカットD=約3.50ct
20石のスクエア&ラウンドカットS
8石のスクエアカットE
2石のカボションカットR
楽園から舞い降りてきたような華麗な蝶。異次元の輝きを放ちます。

K18/Ptカラーストーン ダイヤモンドリング
ニューヨーク 1959年頃の作品
1石のラウンドカットD=約0.60ct
24石のラウンドカットD=約0.60ct
12石のマーキスカットカラーストーン
上記と同じパゴダスタイル。主役の教養、趣味の良さを引き立てます。

YG&SVパール サファイヤ ダイヤモンドリング
ニューヨーク 1910年頃の作品
1珠のパール
6石のクッションカットS=約1.50ct
6石のオールドマインカットD=約1.15ct
12石のローズカットD
貴重な天然真珠を枯淡の美が取り巻きます。奥ゆかしい華やぎを湛えたクラス感のあるエレガンス。

K18/Ptダイヤモンド銀杏ブローチ
ヴァンクリーフ&アーペル パリ 1930年頃の作品
24石のラウンドカットD=約1.10ct
ギンナンの実を携えた銀杏(いちょう)モチーフ。優美な曲線美が、そこはかとないフェミニンな気品を醸し出します。

K14アクアマリン ダイヤモンドクリップ
ティファニー
ニューヨーク
1945年頃の作品
6石のオーバルカット
A=約6.00ct
6石のラウンドカット
D=約0.25ct
チャーミングなダブルクリップ。2点を色々に組み合わせて、様々なコーディネートをお楽しみ頂けます。心憎いお洒落で、春に向かう季節を輝かせてください。

Pt翡翠 サファイヤ ダイヤモンドブローチ
パリ 1925年頃の作品 翡翠=非含浸
1石のカボションカットS=約1.00ct
16石のラウンドカットD=約0.25ct
ヨーロッパの感性と、オリエンタルな翡翠の美しさが、見事に融合したブローチ。当時圧倒的な人気を博した「東洋趣味」の魅力を、今に伝える秀作です。男女問わず、お洒落にお楽しみ頂けます。

K14リバイバルスタイルイヤリング
ニューヨーク 1910年頃の作品
粒金細工は、金細工の高嶺に屹立するエトルリアの超絶技巧。約2500年前のエトルリア時代の精緻な粒金細工を、約100年前に再現したイヤリング。未だにどのように製作したのか謎に包まれています。古代のロマンが 封印された美術品のような佇まい。

K18ブラックオパール ドレスセット
ニューヨーク 1940年頃の作品
5石のオーバルカット
BO=約9.00ct
何という贅沢でしょう。タキシードのシャツのボタンがブラックオパールとは!豪州産ブラックオパールは1903年から本格的採取が始まり、ヨーロッパの富裕層にセンセーショナルな衝撃を与えました。こちらのセットは、1940年頃の作品。高品質な結晶が、夢のジュエリーに仕立てられた時代と符号します。枯渇と言われて久しいブラックオパールの、奇跡の逸品を、コレクションにお加え下さい。

K18ルビー ダイヤモンドブローチ
ティファニー イタリア 1969年頃の作品
4石のラウンドカットD=約0.70ct (ミャンマー産 非加熱)
5石のラウンドカットR=約0.80ct
大ぶりのデージーモチーフ。デージー(Day’s Eye)は、〝太陽の瞳″という意味だそうです。花言葉は〝明朗″主役を明るい早春の香気で包みます。

K18/Ptダイヤモンド渦巻ブレスレット
ニューヨーク 1960年頃の作品
160石のラウンドカットD=約11.50ct
精緻な金細工11.5ctものダイヤモンドが交互に旋回するような、立体的な曲線美。 お腕元で輝く、豪華な光のトルネード。

Ptダイヤモンド エドワーディアン ペンダント兼ブローチ
ロンドン 1915年頃の作品
1石のヨーロピアンカットD=約1.20ct
19石のヨーロピアンカットD=約2.50ct
36石のローズカットD
現代では成し得ない細やかで精緻な透かしの妙…センターの1.2ctと、ぐるりと配された19石は、全て気品溢れる輝きのヨーロピアンカット。エレガンスを極めつつ、現代の装いにも素晴らしくマッチしてくれる、ときめきの至宝。

Ptダイヤモンドクリップブローチ
カルティエ ニューヨーク 1925年頃の作品
5石のファンシーカットD=約1.25ct
61石のラウンドカットD=約2.30ct
1石のバゲットカットD=約0.20ct
形の違うダイヤを密集させた、眩い煌めきのクリップ。ドレスのポイントに配したり、アップにした髪に装着したり…当時の華やかな社交界を投影したアイテム。美しい風格を薫らせます。

Ptアールデコ ダイヤモンドブローチ
ニューヨーク 1920年頃の作品
66石のラウンドカットD=約6.25c
オリエンタルな魅力溢れる、貴婦人のブローチ。色の濃いお召し物にコーディネイトして頂くと、ブローチの美しさが際立ちます。

Ptダイヤモンドブローチ
ニューヨーク 1950年頃の作品
3石のマーキスカットD=約1.25ct
27石のラウンドカットD=約3.70ct
47石のバゲットカットD=約」4.05ct
圧巻の輝きのダイヤモンドフラワーを、バケットカットのリボンで纏めた、荘厳な輝きのブーケ。葉に見立てたマーキスカットのアクセントも美しく、襟元を高級感のある光で覆います。今の時代に、使い勝手抜群 のボリュームとモチーフです。

Ptダイヤモンドブローチ
ニューヨーク 1955年頃の作品
68石のラウンドカットD=約2.40ct
29石のバゲットカットD=約2.85ct
寒い日も凛と佇む可憐な野花。 清雅な輝きが、主役の品格を引き立てます。

Ptダイヤモンド エステイトリング
ニューヨーク 1950年頃の作品
2石のエメラルドカットD=約1.30ct
47石のラウンドカットD=約1.25ct
アールデコの香りが残る格調あふれる作品。高雅なクラス感を醸し出します。

Ptアールデコダイヤモンドダブルクリップブローチ
ニューヨーク 1930年頃の作品
126石のラウンドカットD=約4.60ct
38石のバゲットカットD=約2.60ct
6石のスクエアカットD=約0.45ct
アールデコを象徴するような、見事なダブルクリップブローチ。画像のデザインの他に、左右対称のブローチは、2つのクリップに分離させ、襟元等に装着する意匠が、当時大流行しました。総計7.65ctのラグジュアリーの骨頂をご堪能下さい。

Ptアールデコ ダイヤモンドダブルクリップブローチ
1930年頃の作品 80石のラウンドカットD=約3.75ct 2石のバゲットカットD=約0.15ct
ダブルクリップブローチの元祖は、カルティエという説があります。1927年に初めて、セパレート出来る構造の作品を発表すると、瞬く間に評判を呼び、大流行を果たしました。本筋のアールデコ作品を、この機会に是非ご入手下さい。

Ptダイヤモンドブローチ
Ostier&Co., ニューヨーク&ロンドン 1965年頃の作品
8石のマーキスカットD=約5.50ct
127石のバゲットカットD=約10.60ct
41石のラウンドカットD=約2.90ct
圧巻の煌めきが溢れ出すダイヤモンドのシャンデリア。立体的なリボンは、どのように石留をしたのか…作りの妙にも感動を覚えます。滝のように零れるフリンジのファンシーカットダイヤの豪華さにも、 思わず溜息が…!

Ptダイヤモンドイヤリング
ニューヨーク 1930年頃の作品
1石のヨーロピアンカットD=2.34ct (F-VS2/GIA)
1石のヨーロピアンカットD=2.30ct (F-VS2/GIA)
高品質、大粒のヨーロピアンカットが2石そろった贅沢なイヤリング。現代カットにはない格調あふれる気配美が、周囲を陶然とさせます。

Ptダイヤモンドブローチ
ニューヨーク 1965年頃の作品
22石のファンシーカットD=約12.60ct
90石のバゲットカットD=約2.30ct
えもいえぬ優美な躍動美は、マーキスとバゲットが織り成すパーフォーミングアーツのよう。

Ptダイヤモンドネックレス
パリ 1950年頃の作品
176石のラウンドカットD=約15.00ct
85石のバゲットカットD=約6.00ct
華麗なシャンデリア様式、ダイヤモンドの ウォーターフォールからの輝きの飛沫が あたりに拡散します。

Ptアールデコ ダイヤモンド クリップブローチ
パリ 1925年頃の作品
1石のクッションカットD=約0.85ct
64石のヨーロピアンカットD=約4.60ct
26石のバゲットカットD=約2.60ct
平面的ではなく、反り返った立体的フォルムで、ダイナミックな輝きをショーアップするダイヤモンドクリップ。中心部のクッションカットダイヤが、冴えのあるアクセントとして輝きます。無駄のないフォルムにエレガンスを凝縮した、アールデコ時代の秀作。

Ptアールデコ ダイヤモンドリング
ニューヨーク 1930年頃の作品
1石のD=4.05ct
48石のバゲットカットD=約2.00ct
4ctものファンシーカットをバゲットが取り巻く華やかなカクテルリング。ワイングラスを持つ手から華麗な輝きが放たれます。

Pt/K18エメラルド ダイヤモンドリング
ニューヨーク 1950年頃の作品
1石のエメラルドカットE=2.15ct コロンビア産(AGL)
2石のヨーロピアンカットD=1.90ct
通常エメラルドは、カット時に流れ出た液体内包物を補うために、オイル含浸が行われます。こちらは透明度の高いクリーンな結晶の為、そのような含浸をする必要のない大変レアなコロンビア産のエメラルド。 澄み切ったエメラルドグリーンの煌めきは、氷河の水が流れ込む秘境の湖のように神秘的な佇まい。プレシャスな奇跡の煌めきをヨーロピアンカットが格調高く際立たせます。王道の貫禄が漂います。

Ptサファイヤ エメラルド ダイヤモンドペアクリップ
ロンドン 1930年頃の作品
ヴァンクリーフ&アーペル パリ
髪飾り兼ダブルクリップブローチ。並外れたデザイン力、精巧な作り…、相当高度な腕を誇る職人による作品と思われます。ヴァンクリーフ&アーペルで、同時期に、同様の作品が作られていたそうで、同じ職人が手掛けた可能性もある とのこと。

Ptエメラルド ダイヤモンドラインブレスレット
ティファニー 1955年頃の作品
24石のラウンドカットD=約2.90ct
24石のスクエアカットE=約5.50ct
純白の輝きに、目の覚めるようなグリーンの煌めきが、ひと際映えます。 所作と共に清々しい春の息吹が振りまかれます。

SV/YGダイヤモンド エナメルブローチ
ロンドン 1900年頃の作品
88石のオールドマインカットD=約4.90ct
15石のラウンドカットE=約0.90ct
グリム童話で、王子様が魔法でカエルに変身させられる場面があります。ルビーの高貴な眼差しと輝きは、まさにプリンスの面持ち!

K18ダイヤモンドネックレス
パリ 1955年頃の作品
84石のラウンドカットD=約9.50ct
アシンメトリーに配されたダイヤモンドの輝きが、デコルテを燦然と駆け巡り、幅広ゴールドの刻みから、煌びやかなビームが飛び交います。光みなぎるゴージャスな輝きが、眩(まばゆ)い華やぎを 辺り一面に拡散します。

Ptタンザナイトダイヤモンドリング
ニューヨーク 1970年頃の作品
1石のエメラルドカットT=40.25ct
2石のエメラルドカットD=2.28ct
タンザナイトは、1967年に発見されたので、1970年頃に製作されたこのリングは、極く初期の作品。40ctもの大きさ、透明度、品質…選りすぐりの秀逸品です。冴え冴えとした神秘的なブルーは、息を呑む異次元の美しさです。

Ptスターサファイヤリング
ニューヨーク 1950年頃の作品
1石のSS=23.48ct (ミャンマー産 非加熱)
2石のテーパードバゲットカットD=約0.30ct
23ctもの大粒結晶から、スターが浮かび上がります。永遠無窮(むきゅう)の宇宙を彷彿とさせる神聖な佇まい。

Ptアールデコ サファイヤ ダイヤモンドブレスレット
ニューヨーク 1925年頃の作品 49石のフレンチカットS=約24ct (非加熱) 196石のラウンドカットD=約4.25ct
色と品質、しかも非加熱で揃え、さらにフレンチカットを施したサファイヤをグラデーションで…。一見シンプルなのですが、数々のこだわりの熟練技が凝縮された限りなく贅沢なブレスレット。


JEX Gem Galleryメインメニュー