レザークラフト体験コース

コースを選ぶ

step1

step1

まずは材料を確認して頂きます。
1日体験コースの材料をカットした状態でお渡しします。
体験コースではタンニンで鞣された牛革を使って頂きます。より革らしい革ですので使用後の風合いの変化も楽しめます。

矢印

step2

step2

縫い穴を開けていきます。
革の手縫いは針を直接刺すことができませんので、縫い穴を専用の道具で開けていきます。
木槌でしっかり打ちますが、女性の力でも大丈夫です。

矢印

step3

step3

貼り合わせて縫っていきます。
穴を開けた各パーツをゴムのりで貼り合わせ、今回の醍醐味でもある手縫いをしていきます。麻糸にワックスを塗り、1本の糸の両側に針を付け、交互に縫っていきます。
少し特殊な縫い方ですが、マスターできれば綺麗に縫い目が並びます。

矢印

step4

step4

切り口の仕上げをして完成です。
縫い終われば、最後は切り口の処理をします。
専用の塗料を丁寧に塗っていきます。これは革の断面が割れてこないように押える役割がありますが、飾りの要素も多いので綺麗に塗っていきます。一通り塗り終われば完成です。

お問い合わせフォーム

ページトップへ戻る ページトップへ戻る